So-net無料ブログ作成

外科療法(手術)入院記その3 [卵巣癌根治術(手術)]

術後2~4日目。

 毎日のように家族がお見舞いに来てくれ、励みになった。

 痰がすごくて咳で出そうとするがお腹が痛い!![ふらふら] 

術前食に戻るといっても食欲がわかない。[もうやだ~(悲しい顔)]

おかゆさんにしてもらったが、糊のようで食べにくい。

とにかく食欲が全くわかない。[バッド(下向き矢印)][バッド(下向き矢印)]

点滴の針を手の甲でテープで止めているのだが、汗をかいてすぐにはがれる。[あせあせ(飛び散る汗)]

でも、私の感覚としては、まだ暖かい10月なのに寒くて寒くて仕方ない。[がく~(落胆した顔)]

これは、腹部の胆汁ドレーンを外してもらうまで続いた。

電動でベッドを起こしてから、腕で押して乗り降りするのだが、コツが難しい。

お腹が痛くて曲げられず、しゃがむことができないのに、床に携帯を落とした。

それを、お腹が曲がらないのを忘れてとろうとして転倒、

ドカーーーーーーーーン!!

というものすごい音で壁に頭を打ち付けた。[どんっ(衝撃)]

あまりの大きな音でびっくりした同室の女性が2人ほど様子を見に来て、詰所の看護師さんたちに報告してくれた。

看護師さんたちがすっとんできて、

「病院にいてるのに怪我してもらったら困る!!血をサラサラにする血栓の注射してるから、よけい脳内出血起こしやすいのに!![ちっ(怒った顔)][爆弾]

というわけで、車いすに乗せられ、真夜中[夜]の病院内を滑走した。

薄暗い夜の病院内の待合室のそばを通り、エレベーターに乗り、廊下を抜けて脳外科へ。

どこをどうやって到着したか記憶にない。

CTの台にのせられ、頭のCTを撮った。

そしてまた、車いすに乗せられ夜の病院を滑走して病室へ戻った。

CT撮影の結果、脳に異常なしで一安心。(ー ー;)

この事件は、後々も看護師さんに弄られた。_| ̄|○[たらーっ(汗)]

迅速に看護師さんに連絡していただいた同室の患者さんたちには感謝してもしきれない。[わーい(嬉しい顔)]

 私のベッドの傍にある壁はベコーーーーッとへこんでいた。

べニア板だろうと思っていたら、けっこうな合金だった。[がく~(落胆した顔)]

 

後で思うと、夜の待合室に座ってたおじさんて何者~?←[モバQ]


にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 卵巣がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 女性・婦人科の病気へ
にほんブログ村


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。